コロコロうんちの原因と解消法まとめ

 

コロコロとしたうんちしか出ない、なので毎朝スッキリしない、お腹に残った感じがする
また、コロコロうんちが出た後、おしり痛くないですか?

 

コロコロうんちの原因は?

コロコロうんちは、腸内の水分不足と腸内環境のバランスが悪くなったことが原因です。

また、便が腸内に長く貯まりすぎて水分を吸収しつくした状態になっているので うんちの発酵【というか腐敗ですが・・・】がすすみ、おならの原因であるガスもたまりやすくなっています。


コロコロうんちは危険のサイン?

コロコロうんちだけど、毎日出てるから便秘じゃないよね・・・

そう思っていた時が私にもありました。


でも残念ながら、コロコロうんちも便秘なんですよ。


コロコロうんちを放置しておくと、慢性的な便秘になってしまいます。


また、もっと大変なのが固い硬い便が腸内やおしりを通るときに傷をつけるので イボ痔切れ痔になってしまうことなんですね。


痔になってしまったら本当に痛いですし、 トイレのたびに痛みを伴うので、さらに出すのをためらって、ひどい便秘になるという 悪循環にはまってしまいます。


なので、ひどい便秘になる前に、まだコロコロうんちの間に解消しておくのがベストです!

コロコロうんちのいろいろな解消法のメリットとデメリット

水分をたっぷりとる

かといって、冷たい水は身体を冷やす原因になるので、飲み過ぎは注意。


水分を採るなら白湯が1番。コーヒーや紅茶は逆にカフェインで利尿作用があり、 逆に体内の水分が減るので注意

食物繊維をとる
便秘には食物繊維がいいと有名ですが、食物繊維ならなんでも良いわけではなく、 わかめや昆布などの水溶性の食物繊維の方がベター。
下剤を飲む

下剤は確かに便秘に即効性がありますが、副作用や依存性があるので注意が必要です。

あと、下剤は医薬品なので薬局などで対面で買わないといけないので恥ずかしいのがネックですね・・・

ヨーグルトを食べる

ヨーグルトも色々とありますが、ヨーグルトなら何でもよいわけではなく、 含まれている菌によって、効果や効能が違うので注意。


また、胃酸で菌が亡くなって腸まで届かないヨーグルトも多いので注意。


あと、ヨーグルトはカロリーの問題と食べ過ぎは身体を冷やすので冷え性の方も注意が必要になります。

乳酸菌のサプリメントなど

乳酸菌のサプリもヨーグルトと同じで色々ありますが、菌の種類によって効果が違うので 自分に合ったモノを選ぶ必要があります。


もちろん、生きて腸まで届く乳酸菌のサプリを選ばないと意味がありません。

また、ヨーグルトが苦手な方にでも、サッと飲めるので続けやすいです。


コロコロうんちを解消したのは乳酸菌サプリが1番でした!

コロコロうんちを解消するために色々ためしましたが、 1番よかったのは、乳酸菌サプリでした。


冷え性の私は、お水をそんなにガブガブ飲めないし ヨーグルトもあんまり好きではなかったので 乳酸菌のサプリメントが1番合っていました。


ただ、乳酸菌だと何でも良いわけではなく、 便通を改善する乳酸菌を摂る必要があります。

 

乳酸菌サプリを選ぶポイント

 

生きて腸まで届くこと!

乳酸菌は胃酸に弱く、生きたまま腸にまで届きにくいんですね。
そこで、生きて腸まで届く工夫がされているサプリメントを選ぶことが重要です!


乳酸菌サプリのおすすめは?

森下仁丹のヘルスエイド、ビフィーナS!

 

森下仁丹のヘルスエイド、ビフィーナS!

 

乳酸菌サプリで日本初の機能性表示食品!

森下仁丹のヘルスエイド、ビフィーナSに含まれるビフィズス菌(ロンガム種)には、腸内フローラを良好にし

便通を改善する機能があることが報告されています!

 

 

森下仁丹のヘルスエイド、ビフィーナSの詳細はこちらをクリック!